このエントリーをはてなブックマークに追加

バックリンクがSEOに悪影響を与える場合

バックリンク(Back Link)とは

バックリンクとは、すなわち被リンクのことです。

バックリンクを獲得すると検索順位が上がりやすいことから、SEO対策では重要な要素として数えられています。

バックリンク
PR

悪い影響を及ぼすことも...

SEO対策では、バックリンクを如何にして獲得するかということに、しばしば関心が集まります。しかし、闇雲にバックリンクの獲得に奔走していると、バックリンクから思わぬ悪影響を受けることがあります。

それはバックリンクの中に、SEOに悪影響を与える”質の悪い”ものがあるからです。

質の悪いバックリンクについて

バックリンクの中には”不自然なリンク”など、Googleがスパム判定対象としているリンクが存在しています。

こうしたリンクを貼り付けていると、ペナルティを受ける可能性が非常に高くなってしまいます。

質の悪いバックリンク
PR

バックリンクのペナルティ対策

どのような方法でバックリンクを獲得するにせよ、バックリンクによるペナルティを受けないようにすることが大切です。

そこで、基本の対策としては、Googleのガイドラインに違反していない”自然なリンク”を選んで貼っていくことが重要になります。

しかし、それだけでは悪影響を与える全てのバックリンクに対処することはできません。

認知していないバックリンク

サイト管理者がいくら自然なバックリンクを厳選して貼り付けていたとしても、他人によって知らぬ間にバックリンクを貼られているということが有り得ます。

それが得体の知れない海外サイトからのリンクなどだと、ペナルティを受ける可能性も出てきてしまいますから対策が必要です。


そこで使えるのがSEOツールのhanasakigani.jpです。

サイトに貼られているバックリンクを一覧することができ、リンクの重要度も示してくれますから、悪影響のあるバックリンクをチェックするのに最適です。