このエントリーをはてなブックマークに追加

被リンクがSEO対策に有効な理由

SEO対策には、被リンクが大きな力を発揮します。でも、その理由がそもそもなんなのか、ご存知でしょうか?

被リンクがSEO対策に有効な理由には、検索エンジンのサイト評価方法が深い関わりを持っています。以下でその理由を説明します。

PR

検索エンジンのサイト評価方法

まず、検索エンジンがサイトを評価する方法について説明します。

検索エンジンは、以下の2つの見方からサイトを評価します。

  • テキストマッチ
  • リンクポピュラリティ

テキストマッチ

検索エンジンは、「サイト内のテキストに検索キーワードがどれだけ含まれているか」を評価します。この見方をテキストマッチといいます。テキストマッチでは、サイト内のキーワードの数のほか、キーワードが配置される場所なども評価されます。

リンクポピュラリティ

検索エンジンは「良いサイトから多くのリンク(=被リンク)が貼られているサイト」を高く評価します。つまり、被リンクの質と量が評価に直結します。この見方をリンクポピュラリティといいます。

Googleは、リンクポピュラリティを基準にして、それぞれのサイトにランクを付けます。このランクが「PageRank」と呼ばれるものです。

リンクポピュラリティ
PR

被リンク(外部対策)の重要性

このように、検索エンジンはサイトの内部的要素(テキストマッチ)と外部的要素(リンクポピュラリティ)の二つの見方からサイトを評価します。

それに応じ、SEO対策も、サイトの内部対策と外部対策に分かれますが、より有効とされているのが外部対策の方です。外部対策の肝は、”優良な被リンクを集めること”になります。

では何故、「外部対策」が「内部対策」と比べて有効なのでしょうか?

その答えは、検索順位が上位になればなるほど、内部対策だけでさらに上位を目指すのが難しくなるからです。

こうした限界が内部対策にある以上、最終的にSEO対策により効果があるのは外部対策なのです。

PR

質の良い被リンクを集めるには?

外部で検索順位を上げたいと思うなら、質の良い被リンクをいくつも用意する必要があります。しかし、そうした被リンクを自力で集めようとすると、大変な労力と時間が掛かってしまいます。

一方で、費用こそかかりますが有料サービスなら、少ない手間で効率よく被リンクを集めることができます。自力で集めるより質の良い被リンクを得られますし、ペナルティに陥った時の安全面も高いです。

SEO対策で費用を抑えるのは大切なことですが、時には効果的な対策を行うためにコストをかけるのも重要です。

SEO Pack